プレミアムコンパクト PM-50

”M-factory”の三好さん&”新岡ギター教室”の新岡先生という国内アコギ界のビックネームのコラボ製品のモニターをする機会をいただきました。

[M-Factory PM-50]

私の手元にも現物が届きましたが大変素晴らしい質感です。非常にコンパクトなサイズで、エフェクターケースの空いている隙間に入ります。

”小さい”ということも性能の一つだと思います。制約があるからこそ磨かれていく部分があると思います。ゲインの小さなつまみ一つをとっても安心感のある回し心地で良いパーツが使われていることを感じます。これだけのスペースに高機能&高音質を収められる高い技術だけでなく、開発に向けての明確なビジョンがなければこのサイズにはならないはずです。まさに開発者の知識と技術の結晶ですね。

専用アダプターもコンパクトです。

隣のコンセントジャックにゆとりがあることにお気付きだと思います。BOSSの定番PSA−100も最近頭が大きくなりましたからね。右隣が現行PSA−100、更に右が前代PSA−100です。中には一番左でフレームアウトしている物のように隣のスペースまではみ出してくるのもいますからね。”小さい”というのはいいですね。

そして音は別次元です。1音出した瞬間に唸りました。プレーン弦は木の音がします。そして低音も厚くよくグリップされています。アコギでもガットでも同様の感想です。高級マイクプリを使っている感じがします。音のハリツヤが違います。そしてハーモニクスがとにかく気持ちいい…。

電子版のマニュアルが付いてきますが、これも大変勉強になります。特にPUごとのゲインレベルの調整や位相の考え方はセッティングの参考になります。
PM−50マニュアル
現物が手元に届いてまだ3日ですが大きな可能性を感じています。これからもう少しセッティングに時間をかけてみたいと思います。

新岡先生にはもう20年以上お世話になっていますが、いつもモチベーション高く、本物を追求していかれる姿勢はずっと変わらないんですね。本当に魅力的な方です。
新岡先生のブログ